situkelogo1.jpg




目次
1・あなたは正しい犬のしつけ方を理解していますか?

2・正しい犬のしつけ方の無料冊子のご案内

3・「しつけ大百科」を実践するのに費用はどのくらい掛かるの?

4・「しつけ大百科」は時間がない人でも大丈夫?

5・「しつけ大百科」のデメリットは?

6・類似商材と比べてどちらが良いか?

7・やらないとどうなるの?

8・犬のしつけに関する無料冊子のご案内

9・ご質問はこちらからお気軽に♪



皆さんの愛犬はお留守番上手ですか?

みなさんの愛犬は、お留守番上手ですか?


そんなとき、愛犬を責めないであげて下さい。
なぜそういった行動に出るのか、必ず原因があります。
根本的な要因を探って、その上で対処法を考えましょう。


群れで暮らす習性のある犬は、ひとりぼっちは苦手なのです。
飼い主さんと離れた不安から、その気持ちを、粗相や吠えや破壊行動によって解消しようとする“分離不安”という症状が現れることがあります。

留守中のトラブルなしという愛犬でも、もっと安心して飼い主さんのいない時間を過ごせるように、根本解決法&対処法とは?


イラズラ好きなワンちゃんの場合は、クレートやサークルに入れて留守番をさせるのがいいでしょう。
ゴミ箱や食べ物などに手が出せない環境に置かれれば、ワンちゃんたちも諦められるというワケですね。


犬は本来、暗くて狭い場所にいると安心できるのだそう。
クレートでのお留守番も、そういう意味で全然かわいそうではないのです。
クレート内にいると、ドアや窓など、ワンちゃんたちが近づける“なわばり”の範囲がぐっと狭まることにより、“警戒吠え”が少なくなるのだそう。
クレートやサークルに入っていても、窓の外が見えてしまうと、鳥や通行人に吠えてしまうかもしれません。窓のカーテンを閉めるなど、屋外が見えないようにして外出すると、留守中の愛犬に余計なストレスがかからないのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。